秦野版 掲載号:2013年6月13日号
  • googleplus
  • LINE

議場天井に秦野産ヒノキ 定例会でこけら落とし

天井の一部に貼られた秦野産ヒノキ材
天井の一部に貼られた秦野産ヒノキ材

 天井の材料の一部に石綿の使用が確認され、3月から改修を行っていた秦野市議会本会議場の工事が、このほど完了した。LED照明の設置も行われた中、ひときわ目を引いているのが秦野産ヒノキ材を貼った天井部分だ。木目の模様もはっきり確認できる縦×横1・6mのパネル28枚が、天井の外周をぐるりと囲んでいる。

 秦野産ヒノキは、今年4月にこけら落とし公演が行われた新歌舞伎座(東京都)で、正面の舞台や花道の材料に使用された。市では、地場産木材の利用促進に取り組んでおり、PRの意味も込めて秦野産ヒノキ材の天井を採用したという。

 6月7日から同会議場で第2回定例会が行われており、市議会議員からは「議場が全体的に明るくなったし、新しいヒノキ特有の良い香りがする」などの声が聞かれた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク