秦野版 掲載号:2013年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

かながわの名産100選認定の 丹沢そば総本山の春そばが人気

 丹沢そば庄太郎が、希望者に無料で蕎麦の栽培を指導し話題となっている。石井勝孝社長は「初心者も歓迎。気軽に連絡を」と話す。

同店では「丹沢そば製粉会社」を設立。秦野産を始め、神奈川県産の玄そばを買い取っている。石井社長は「種を販売して栽培を指導、収穫後には買取りも可能。自身で育てた蕎麦も歓迎」と話す。自社農園で2期作に成功した同社では、珍しい春そばも栽培している。

 秦野イオンに直営店を構える同社。石井社長は「身近な蕎麦屋で本物の十割そばを食べて」と呼びかける。

また、かながわの名産100選に認定された「丹沢そば」など、お中元に最適なギフト品も各種販売中。7月には収穫したばかりの春そばが早くも店頭に並ぶというので見逃せない。

 問合せは本社(自家石臼製粉・製麺製造会社/堀川541の3)【電話】0463・87・7677または【携帯電話】090・3524・6768 直営店「丹沢そば」(秦野イオンSC内)は【電話】0463・85・2123

 丹沢そば自社農園古民家

秦野市三廻部34
 

秦野版のローカルニュース最新6件

テーマソングで地域に活力を

秦野市後半に追い上げ5位

”ブルー”引き継ぎ40年

初出場で初優勝

第21回煌薫杯 北中男子ソフトテニス部

初出場で初優勝

2月16日号

日本財団の助成で新車購入

梅一輪ほのかに

梅一輪ほのかに

2月16日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク