秦野版 掲載号:2013年7月4日号
  • googleplus
  • LINE

秦野署管内 最年少の青パト隊員誕生 渋沢地域を巡回

青パトの前に立つ加藤代表
青パトの前に立つ加藤代表

 青色回転灯を灯しながら、地域の安全に目を光らせる――。青色回転灯装備車(=青パト)による自主防犯活動を行う市民団体「一般社団法人みん会」が設立され、6月28日から渋沢地域のパトロールを開始した。同会を立ち上げた加藤祥悟さん(34・渋沢在住)は、秦野警察署管内で青パトによる防犯活動を行う団体の代表としては最年少となる。

 普段、介護福祉士として市外の事業所で働いている加藤さん。以前から「何か人の役に立つことがしたい」と考えていたという。他団体の青パトを運用した防犯活動を仕事帰りに見かけて「これなら犯罪の抑止効果があるのでは」と思い立ち、昨年の夏に秦野警察署へ活動するための準備や要件などを相談した。

 青パトの運用は、市や警察署長などから防犯活動の委嘱を受けた団体に許可されるもので、継続的な防犯パトロールができるなどの一定の要件を満たす必要があることを確認。加藤さんは知人らに声をかけ、みん会(会員3人)を立ち上げ、関係各所に精力的に働きかけ、許可を取り付けた。

 同会が巡回を行うエリアは渋沢地域。自家用車に青色回転灯とステッカーを貼り付け、夕方から夜間を中心にパトロールする方針だ。活動は週1回、土曜または日曜を予定しているが、加藤さんは「今後、活動日を増やしていければ」と話している。

 活動初日の6月28日は、午後7時30分頃から約1時間巡回を行った。昼間は賑やかでも、夜になると暗く人通りのない道があることに気付き、「これから巡回が必要な場所が分かってくると思う。今後は重点的にその様な場所を回りたい」と意気込みを語った。

 団体名のみん会は、人々を表す漢字「民」を採用して名づけられた。
 

秦野版のトップニュース最新6件

防犯ランニングで地域貢献

秦野曽屋高校

防犯ランニングで地域貢献

2月16日号

葉ニンニクで鳥獣害対策

菖蒲諸星さん

葉ニンニクで鳥獣害対策

2月16日号

健全育成支え半世紀

秦野市青少年指導員連絡協議会

健全育成支え半世紀

2月9日号

篠窪バイパス 3月10日開通

県道708号

篠窪バイパス 3月10日開通

2月9日号

「グランフォンド丹沢」初開催

ウェブで事業所紹介

秦野商議所

ウェブで事業所紹介

2月2日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク