秦野版 掲載号:2013年7月25日号
  • googleplus
  • LINE

花咲くサツマイモ 三杉さんの畑で

花を見つめる三杉さん(7月20日撮影)
花を見つめる三杉さん(7月20日撮影)

 三杉光夫さん(81・今泉在住)が手入れをしている市内今泉の畑で、滅多に見ることができないサツマイモ(ベニアズマ)の花が開花した。

 今年初めてサツマイモを栽培したという三杉さん。最初に花を見つけたのは7月6日で、薄紫色をした直径4cmほどのアサガオに似た花が、葉に隠れるように1輪咲いていたという。その日以降、毎日花の様子を観察し、7月20日には1株から8輪の花が咲いていることが確認できたという。

 三杉さんは「花が咲いているのは一株だけ。今年は何かあるかな」と秋の収穫を楽しみにしていそうだ。

 通常サツマイモの花は、本州などの温帯地域では開花しにくいといわれている。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク