秦野版 掲載号:2013年10月10日号
  • googleplus
  • LINE

実りの秋に感謝して 生き物の里で収穫祭

収穫したもち米を使って、餅つきをする参加者
収穫したもち米を使って、餅つきをする参加者

 千村生き物の里(日立ITエコ実験村・谷光清村長)で10月5日、同里で栽培した米やサツマイモ、落花生、そばの収穫を祝って、収穫祭が開催された。

 当日は、あいにくの雨模様となったが、関係者や地域住民ら約60人が参加。会場には、つきたての餅をはじめ、イモ汁やうで落花生、そば、モツ煮など、たくさんの手作り料理が並んだ。

 また、ぐい飲み用のおちょこやコースターは同里の間伐材を利用して手作りされており、参加者は「全てが手作りで温かいお祭りだった」と笑顔を見せた。

 谷村長は「今年で活動も3年目。初年度1000人だった来場者も今年は3倍になった。来年も観察会など精力的に行っていきたい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク