秦野版 掲載号:2013年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

秦野遊球倶楽部 関東で2度目の優勝 還暦軟式野球大会

遊球倶楽部の部員ら(写真提供:群馬東部よみうり新聞社)
遊球倶楽部の部員ら(写真提供:群馬東部よみうり新聞社)

 秦野遊球倶楽部(鈴木正美代表・部員数55人)が9月28日から30日にかけて行われた鈴木惣太郎杯・伊勢崎市長杯争奪「第9回関東選抜還暦軟式野球大会」で2度目の優勝を果たした。また、最優秀選手賞に同部の小泉馨選手が選ばれた。

 同部は60歳以上の選手からなる野球チームで、関東選抜に出場するのは、2008年の4回大会から6年連続。5回大会で初優勝を飾ったが、昨年は3位に終わっていた。「今年は大会前にあった県の試合で3連敗に喫し、その雪辱を果たそうと挑んだ」と鈴木代表は話す。初戦から3回戦までを順調に勝ち抜いた同部。坂間正夫監督は「ピッチャー3人で試合を回せたのも良かったし、60代の選手が確実に点を取ってくれた」と話す。準決勝では東京の1部リーグで優勝経験を持つ京葉シルバーズ(東京)を5対4で下し、チームの勢いに弾みがついた。

 続く決勝は東還暦野球クラブ(伊勢崎)と対戦。3回表に先制点を許すが、その裏、小泉選手がタイムリーヒットを放ち逆転。5回表で同点に追いつかれたが、2アウト2塁3塁の場面で小泉選手が3ランホームランを決め、5対2で優勝を果たした。また、小泉選手はこの活躍により最優秀選手賞を受賞した。

 「結果を出さなければという思いで打席に立ち、チームが作ってくれたチャンスを2回に渡って活かせた。結束力の勝利です」と小泉選手。今年で契約終了となる坂間監督は「最後を飾ってくれた。胴上げされたような気持ちです」と話した。

 60歳から最高齢82歳まで、毎週月・木曜日に市内で練習を行っている同部。「一緒に練習する仲間も募集しています」と鈴木代表。問い合わせは【電話】0463・81・9005へ。
 

秦野版のトップニュース最新6件

防犯ランニングで地域貢献

秦野曽屋高校

防犯ランニングで地域貢献

2月16日号

葉ニンニクで鳥獣害対策

菖蒲諸星さん

葉ニンニクで鳥獣害対策

2月16日号

健全育成支え半世紀

秦野市青少年指導員連絡協議会

健全育成支え半世紀

2月9日号

篠窪バイパス 3月10日開通

県道708号

篠窪バイパス 3月10日開通

2月9日号

「グランフォンド丹沢」初開催

ウェブで事業所紹介

秦野商議所

ウェブで事業所紹介

2月2日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク