秦野版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

見えることで感じられること― 医療レポート 3Dエコーでより喜びを 取材協力/伊勢原協同病院

黒石正子次長(左下)と横山紀代美師長(右下)と臨床検査室スタッフ
黒石正子次長(左下)と横山紀代美師長(右下)と臨床検査室スタッフ

 妊娠から出産、育児まで。周産期医療における女性の支援をはじめ、サポートする男性の心の準備まで、幅広い役割を持つ産婦人科。 助産師外来をはじめ、両親教室、3D/4Dエコーなどを積極的に導入し、地域の中核病院として、出産の喜びを両親に伝えるための様々な試みを行っている伊勢原協同病院(高畑武司病院長)の横山紀代美師長、臨床検査室の黒石正子次長に話を聞いた。

 同院では、通常のエコー(胎児超音波)に加えて、静止画像を立体的に映し出す3D、また立体的な動画を見ることができる4Dの胎児超音波を希望者に実施している。3D/4Dでは、妊娠初期は全身、中期は顔などを部分的に見ることができるという。「3Dの解像度も年々良くなっています。ひと足先に赤ちゃんと対面できると好評です」と黒石次長は話す。

 また撮影に掛かる時間は約15分。予約制だが、検診時に対応することもできる。横山師長は「最近はご主人の参加率も多く、リアルな画像を見ることで実感が沸くという方が多い」という。

 同院は常勤・非常勤を含め18人の助産師が交代で勤務。助産師外来や妊婦保健指導などを行っている。母乳外来を含めると1年以上通う産婦人科。「妊婦さんと家族の気持ちの準備を大切にしています。満足するお産をしてほしい」と横山師長は話した。
 

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

放っておいてもお金が殖えていく

予約制・参加無料

放っておいてもお金が殖えていく

2月16日号

英語上達は楽しさがカギ

ハレノヒ保育園で自然と遊ぶ

進路が決まったら次は「免許」

高校3年生のお子様がいる方へ

進路が決まったら次は「免許」

2月9日号

「貧血について」学ぶ

秦野赤十字病院

「貧血について」学ぶ

2月9日号

カルバが贈るバレンタイン

スイーツ × ワイン

カルバが贈るバレンタイン

2月9日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク