秦野版 掲載号:2013年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

国際宇宙ステーション 山本さん東田原で撮影

日面通過を捉えた=11月11日東田原で撮影
日面通過を捉えた=11月11日東田原で撮影

 アマチュア天体写真家の山本憲行さん=東田原在住=が、国際宇宙ステーション(International Space Station。以下ISS)の日面通過を、11月11日に自宅から撮影した。

 地上から約400Km上空を、地球1周約90分の速さで飛行する有人実験施設ISS。条件が揃えば肉眼でも日の出前と日没後に見ることは可能だが、観察や撮影に適した場所は限られているという。山本さんは11月11日の午後1時30分頃、東田原の自宅から太陽と地球の間を通過するISSの撮影に成功。「自宅からだと、通過を見ることができるのは1年に1回程度」と話した。写真はカメラのムービー機能で撮った動画から、28コマを取り出し合成したもの。さらに23日には二宮町に足を運び、午前0時30分頃、月の前を通過するところを撮影した。

 ISSには、ステーション最大級で日本の実験棟の「きぼう」も接続されており、拡大写真ではその形状も確認することができる(4月5日撮影)。さらに現在若田光一宇宙飛行士も滞在中。次期船長として日本人で初めて就任が予定されていることもあり、山本さんは「若田さんがいるこのタイミングで撮れたことも面白い」と話した。

 天体写真の撮影を、定年後から独学で始めた山本さん。ISS以外にも様々な天体写真を撮り続けており、富士山まで出向くことも多い。最近話題となっているアイソン彗星も、納得のいく1枚が撮れるまで何度も挑戦している。山本さんは「情報収集が肝心」と話し、インターネットなどで時間や天候などの下調べはもちろん、望遠鏡などの位置やシャッターを切る間合いまで、念入りに準備をして撮影に挑んでいるという。今年からは湘南天文同好会に加入し、メンバーとともに今後も壮麗な宇宙を捉えていく。
 

ISSの拡大写真
ISSの拡大写真

秦野版のローカルニュース最新6件

振り込め詐欺を見破る

秦野警察署

振り込め詐欺を見破る

3月30日号

40周年記念式典、盛大に

秦野さくら饗宴

秦野さくら饗宴

3月30日号

秦野市が新人事を発表

コスプレイヤーが集合

4月イベント情報

万葉の湯 はだの館

4月イベント情報

3月30日号

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク