秦野版 掲載号:2013年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

手編みのベストを寄付 北矢名の石黒さん

社会

石黒さんが編んだベスト
石黒さんが編んだベスト

 きらきらと輝く糸や、ふわりとした玉が付いたものなど、さまざまな毛糸で編まれたベスト。北矢名在住の石黒節子さん(70歳)が1着ずつ手で編んだものだ。高齢者支援センターを通じて、これまでに全部で30枚のベストを湘南老人ホームなどに寄付してきた。

 子どもの頃、初めて編み物を習ったのは母だった。大人になり、横浜の編み物教室に通い、65歳まで作ったものをブティックに出していた。仕事で複雑な柄の入ったものも手掛けるようになり、今度は節子さんが、編み物を続けていた母にその技術を教えた。母は生前、100枚以上のベストを編み、三廻部の老人ホームなどに寄付していたという。

 節子さんが一人でベストを編み始めたのは数年前から。丈は「車いすの人でもあたたかいように」と配慮している。ベストはオリジナルの柄なので、母と一緒に作ったものを着ているお年寄りを見かけると、街中でもすぐに気づく。思いをつないだベストは、今年も誰かをあたためている。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク