秦野版 掲載号:2014年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

馬の彫刻を寄贈 鶴巻南の小島さん

「馬と少年」と小島さん
「馬と少年」と小島さん

 彫刻家の小島弘さん(91)=鶴巻南在住=が今年の干支の午にちなんで、木彫りの作品「馬と少年」を秦野市に寄贈する。市文化会館に1月23日(木)に搬入される。

 高さ2mを超えるクスノキを使った作品で、荒れ狂う馬に必死でしがみつく少年を彫り上げた。太平洋戦争中、学徒動員として砲兵隊山砲隊で厳しい馬術訓練を経験し「青春の1コマを木に託した」と10数年前に制作。小島さんはいきいきとした馬の動きを表現したとし、「見た人に元気になってもらいたい」と話した。

 小島さんは東京美術学校で彫刻を学び、卒業後、師である平櫛田中(でんちゅう)さんの勧めを受け木彫を始めた。これまでも作品を3点寄贈しており、同館ホワイエに展示されている。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク