秦野版 掲載号:2014年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

鶴巻若衆囃子会 太鼓を16年ぶり新調 望月さんが寄贈

出雲大社でお浄めをした太鼓を寄贈した望月さん(右)と芦川会長(中央)
出雲大社でお浄めをした太鼓を寄贈した望月さん(右)と芦川会長(中央)
 鶴巻地区の太鼓を継承するため市内外でボランティア活動を続けている鶴巻若衆囃子会(芦川昇会長=人物風土記で紹介)。ボランティアを通じて交流があった望月豊光さんから寄贈を受け、創立以来初めて太鼓を新調した。

 同会は1998年、「鶴巻の太鼓を途絶えさせてはいけない」と芦川会長が中心となって立ち上げた。会員の中には地元のサラリーマンや親子で参加する人もおり、現在は15人で鶴巻温泉春まつりや落幡神社のお祭り、デイサービスや老人ホーム慰問などで活動。太鼓演奏の他にも、5人囃子やおかめ、ひょっとこ、獅子舞などの演技も披露している。同会の太鼓は立ち上げ当初に作ったものを今も使用していたが、使用頻度も高く老朽化が進んでいたという。

 「ボランティアで一緒になることが多かった望月さんに相談したところ、協力を快諾してくださった」と芦川会長。望月さんは演歌歌手『高住ゆたか』として活躍しており、同じくボランティアやチャリティ公演などを積極的に行っている。太鼓の老朽化を知った望月さんは、同会のために大太鼓1張と締太鼓2張を寄贈。1月18日には出雲大社相模分祠で太鼓のお浄めを受けた。芦川会長は「さっそく使わせていただき、今後もボランティアを通じて伝統芸能を披露していきます」と話していた。

秦野版のトップニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク