秦野版 掲載号:2014年4月24日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

新病院8月1日開院予定 医療レポート 大切な産後ケアを大事に 取材協力/伊勢原協同病院

 妊娠、そして出産。そこから始まる大切な育児―。初産でも出産経験者でも育児のたびに悩みはあるもの。その様々な悩みの解消に力を入れる伊勢原協同病院(高畑武司病院長)の産婦人科病棟・横山紀代美師長に話を聞いた。

 「妊娠中はもちろん、出産してからも、ママには悩みや不安はあるもの。その解消に少しでも役立ちたいと看護師・助産師による外来などを積極的に行っています」と横山師長は話す。

 同院の育児相談「ピヨピヨルーム」は、退院後の赤ちゃんに対するお母さんの不安を1カ月健診までフォローしている。

 また、多くのお母さんが出産後に直面する母乳に関する悩みについては「母乳外来」を設置。この母乳外来は原則として赤ちゃんと一緒の参加。長い人で1年半ほど通うこともあり、育児相談もできる。また、管理栄養士による離乳食指導も行っている。横山師長は「お母さんには、慣れない生活による悩みもあります。また産後育児への問題は社会的にも叫ばれています。お母さんと家族の気持ちを大切にして、満足できるお産・育児が出来るようにサポートしたい」と話した。

 同院では小児科をはじめ各科と連携して、育児をサポート。出産前には母親学級、妊婦保健指導、両親学級などもある。

 また今年8月1日には新病院が開院予定。病棟も広くなり、より行き届いたサポート体制を整えていく。

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

 「森林づくり活動」に参加しよう

春の生活を彩る宮永画伯の新グッズ

「サクラフェス」好評開催中

イオン秦野ショッピングセンター専門店街

「サクラフェス」好評開催中

3月30日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月30日号

誰もが集える憩いの場を

秦野市社協

誰もが集える憩いの場を

3月30日号

離宮跡地に300本の桜

恩賜箱根公園

離宮跡地に300本の桜

3月30日号

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク