秦野版 掲載号:2014年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

教育新聞を作り30年 寺山の武勝美さん

教育

昔の紙面を読み返す武さん
昔の紙面を読み返す武さん

 寺山在住の武勝美さん(77)の「教育個人紙ECHO(エコー)」が5月で30周年を迎えた。「学校には、子どもの声、親の願い、教師の思いの3つの声が響かなければいけない」という信念のもと、312号を発行してきた。

 武さんは1960年に雑誌記者から中学校の英語教諭に転身。生徒会担当として学校新聞に携わったのをきっかけに、学校や学級の新聞・PTA広報などに関わってきた。事実を隠さずありのままに掲載する姿勢に、他の教師から批判されることもあったという。

 現在は東京や千葉でも講演会を頼まれ足を運ぶ日々を送る。「読んでほしい」と送られてきた各地のPTA広報には必ずコメントを返信。「教師として思いを述べる場として出発した本紙も、今では皆さんの新聞作りを応援するための紙面に変わった。書きたいという気持ちがある限りは続けていきたい」と武さんは話す。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク