秦野版 掲載号:2014年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

仮設住宅に和太鼓響く 南三陸で炊き出し

社会

演奏の終盤には現地の人たちに参加を呼び掛けて一緒にバチを握る場面もあった
演奏の終盤には現地の人たちに参加を呼び掛けて一緒にバチを握る場面もあった

 秦野市民の有志による支援隊(杉崎貞夫代表・46人)が6月14日、宮城県南三陸町の「平成の森仮設住宅」(畠山扶美夫自治会長・200戸)を訪れ、炊き出しや物資配布を行った。同仮設住宅への訪問は今回で3回目。晴天の下、支援隊と同自治会が協力して作った、焼きそばや鯛焼きなどが人気を博した。また、メッセージを添えた秦野の野菜や製茶、八重桜の桜漬けなどが1戸ごとに配られた。

 今回、初の試みだったのは秦野観光和太鼓(相原啓子代表)の演奏。昨年11月に現地を訪れた際に、他団体によるネパールの踊りが現地の人たちに喜ばれていたため、今回、支援隊の事務局が秦野観光和太鼓に声を掛けたという。演奏終了後、会場は大きな拍手で包まれた。津波で多くの知人を亡くしたという84歳の女性は「1人部屋で過ごすことが多いが、今日は太鼓が楽しみで久しぶりに家から出てきた。ありがとう」と目に涙を浮かべていた。

 模擬店終了後には、被災直後の対策を学ぶ懇談会や、現地の女子会が作ったぼたもちなどを食べながらの交流会が開かれた。畠山会長は「3年経つと衣食住は事足りるが、高齢者の日々に変化をつける催しが必要。今回の訪問も多くの人が楽しみにしていた」と感謝の意を伝えた。

 同仮設住宅周辺では公営住宅の建設が進められ、来年から住民の移動が始まる予定だ。ただ、現地の人々からは「2020年の東京五輪の影響で資材や人手が不足し、復興が遅れている」という声も上がっている。
 

調味料などがもらえるくじ引きも喜ばれた
調味料などがもらえるくじ引きも喜ばれた

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク