秦野版 掲載号:2014年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

「戦禍を繰り返さぬよう」 南が丘中で戦争体験講演

教育

戦時中の教育を語る高橋さん
戦時中の教育を語る高橋さん
 南が丘中学校で6月16日、戦争体験者による講演会が開かれ、全校生徒約290人が参加した。講師の高橋正雄さん(84・並木町)が戦時中の教育や国のあり方について話をした。

 高橋さんは幼少期を満州で過ごし、終戦時は中学3年生。銃弾を造る工場で働きながら終戦を知らせるラジオを聞いて泣いたという。「戦争に勝つことが全てだと教えられ、男の子は兵隊、女の子は看護師として働いた」など実体験を交えた話に、生徒たちは耳を傾けた。

 講演後、芹沢瑞帆さん(3年生)は「私たちが戦争を知ることができるのは教科書の中くらいです。今後また日本に戦禍が訪れないように私たちが努力しなければ」と感想を述べていた。

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク