秦野版 掲載号:2014年9月18日号
  • googleplus
  • LINE

大群のコムクドリを観察 荒天の影響か

電線にとまるコムクドリ
電線にとまるコムクドリ
 9月11日、尾尻の電線にとまっている大群のコムクドリを、はだの野鳥の会の八木茂会長が観察した。

 同会では、これまで秦野市内でコムクドリの観察記録は無かったという。今年は会員から数羽の観察報告があったが、この日は電線に100羽ほどを確認した。

 コムクドリは夏鳥で、夏の間に北海道から北日本で繁殖し冬は南で過ごす。ムクドリよりひと回り小さく、オスは薄い黄色の頬に茶色い斑点があるのが特徴。

 八木会長は、「秋の渡りの時期に立ち寄ったものでは。前日の荒天も影響したのかもしれません」といい、また「これまでもおそらく居たのだろうと思いますが、会員が35年観察しても見ていなかったのは、それだけ限られた条件でしか飛来していなかったのだろうと思います」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク