秦野版 掲載号:2014年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

回復期リハビリテーション病棟 医療レポート 早期社会復帰をめざして 取材協力/伊勢原協同病院

 これからの超高齢化社会を控え、全国各地で整備の進む回復期リハビリテーション病棟―。

 伊勢原協同病院(高畑武司病院長)は新病院となり約2カ月が経過し、10月から本格的に回復期リハビリテーション病棟が始動する。今後より一層注目が集まるであろう同病棟の重要性について話を伺った。

 回復期リハビリテーション病棟は、脳血管障害や骨折などで失った機能の回復期に合わせたリハビリをはじめ、ADL(日常生活動作)の改善による寝たきり防止や社会復帰を目的としたリハビリを提供するもの。伊勢原協同病院では2人のリハビリ専門医をはじめ、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師、ソーシャルワーカーらのスタッフが専門チームを組み、患者一人ひとりに合ったプログラムでリハビリを行っている。新病院には屋外歩行訓練ができる庭園を整備。病棟内に訓練室もあり、安全に訓練を行えるほか、入院中の食事等もベッド上ではなく、より実生活に近い形で行うことで社会復帰も早まるという。

 リハビリテーション科の青野宏治副部長は「リハビリはチーム医療。経験とエビデンス(効果がある治療法)を大事に、総合病院のメリットを活かして各科と連携して、早期の家庭・社会復帰を目指しています」と話す。受診患者だけでなく、三次救急医療機関の東海大学病院と連携した患者の受け入れも実施している。

 また退院後もJA訪問看護ステーションいせはら、デイサービスはだの、介護老人保健施設ほほえみの丘などの関連福祉施設と連携し、安心できる社会復帰の早期実現に向けて取り組んでいる。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

 「森林づくり活動」に参加しよう

春の生活を彩る宮永画伯の新グッズ

「サクラフェス」好評開催中

イオン秦野ショッピングセンター専門店街

「サクラフェス」好評開催中

3月30日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月30日号

誰もが集える憩いの場を

秦野市社協

誰もが集える憩いの場を

3月30日号

離宮跡地に300本の桜

恩賜箱根公園

離宮跡地に300本の桜

3月30日号

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク