秦野版 掲載号:2014年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

基準地価 下げ幅緩やかに 住宅地最高は12万1千円

 土地取引の指標となる基準地価格が9月19日に発表された。秦野市では住宅地19地点、商業地4地点、工業地1地点、林地1地点で調査が行われ、価格は依然として下落傾向にあるものの、下げ幅は緩やかになっている事が分かった。

 基準地価格とは、県調査における7月1日時点の選定地1平方メートル(林地は10アール)あたりの価格をいう。国が実施している公示価格と合わせて、一般の土地取引価格の指標などに利用されている。

 県全体では2年連続で上昇傾向にあるなか、秦野市内の平均変動率は工業地が横ばい。住宅地はマイナス1・6%(前年マイナス1・8%)、商業地はマイナス0・8%(前年マイナス1・1%)と小幅を示した。

 用途別に見ると、市内の住宅地19地点(1地点選定替)のうち、最高価格は「今泉字諏訪下478番7」の12万1000円。同地を含む「水神町2の12」「曽屋2の4の3」の3地点は価格変動率が横ばいとなった。最も変動が大きかったのは「鶴巻南5の5の5」で、マイナス3・6%となった。

 商業地4地点では「本町2の1の32」が最も高く23万5000円。しかし同地は変動率も大きく、マイナス2・1%。前年よりも下げ幅が増加し、県内でも7番目に下落率が大きい地点となった。商業地で変動率が横ばいとなったのは「本町1の4の10」だった。

 工業地(堀山下字荒井ヶ谷戸320番2外)の価格は4万8000円で、変動はなかった。

秦野版のトップニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク