秦野版 掲載号:2014年11月27日号
  • LINE
  • hatena

シクラメン出荷間近 県内シェア2位の特産花

社会

手入れをする茂靖さん(左)と新一さん
手入れをする茂靖さん(左)と新一さん
 秦野市を代表する特産花のひとつシクラメンの出荷シーズンが、いよいよ本格的に始まる。JAはだの花き部会鉢物部(冨田茂靖部長・18人)の各農園では、今週末からクリスマス頃まで出荷作業に追われる日々が続く。

 冨田部長は、父親の新一さんと冨田花園(秦野市今泉1205)の温室で約50種類、4万5千鉢のシクラメンを栽培している。花は大小、フリル状などがあり、色は赤、白、ピンクなど多種多様。秦野で育種された八重咲きのシクラメン「フェアリーピコ」なども、温室内を華やかに彩っている。これから多い日には1千鉢以上が、関東一円の生花市場などへ出荷されていく。

 今年の生育状況は「秋に涼しい日が続き、昨年より10日ほど早く見ごろになりそう。つぼみが多くついているものを選べば、花を長く楽しめます」と冨田部長。

 秦野産シクラメンは、市内の各農園やはだのじばさんず(平沢)で購入できる。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク