秦野版 掲載号:2014年12月20日号
  • LINE
  • hatena

クリスマス準備に大忙し ケーキ店は休日返上

社会

1つひとつに気持ちを込めて作る溝口チーフ
1つひとつに気持ちを込めて作る溝口チーフ

 聖なる夜まで1週間を切り、秦野のまちもクリスマスモード一色。栄町の菓子工房アンデス橋本では、クリスマス向け商品の準備に追われている。

 同店の水島しづ江さん(65)によると、クリスマスケーキは12月24日のクリスマスイヴが最も多く売れるという。「この時期はスタッフを増やし、定休日の水曜日も営業している」と水島さん。生もののケーキは、直前にスタッフ総出で用意する予定だ。

 チーフの溝口良雄さん(50)は「ケーキ作りは気持ちが伝わるもの。お客様が美味しいと笑顔になれるよう、私たちも楽しんで作りたい」と笑顔を見せた。また水島さんは、慌ただしい時期だがスタッフにとってもお祭りと話し、「健康に気を付けながら、いい商品を提供できるよう頑張る」と気持ちを引き締めた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク