秦野版 掲載号:2014年12月20日号
  • LINE
  • hatena

日台国際野球大会に南関東選抜選手として出場する 日暮(ひぐらし)矢麻人(やまと)さん 堀西在住 15歳

苦難も力に、より強く

 ○…初めての国際試合。日の丸が描かれたユニフォームに腕を通した時は、少しプレッシャーを感じたという。元旦をまたぐ7日間の台湾遠征に向け、現在、心身ともに鍛え上げている最中だ。ポジションは投手と一塁手。選抜チームの練習ではレベルの高さに刺激を受けている。大会の目標はホームランを打つこと。南関東選抜チームは同大会で過去4年間に3度優勝、2連覇中の強豪チームだ。「3連覇に貢献したい」。強い意気込みを携え、試合本番に挑む。

 ○…野球を始めたのは小学1年生の時。西中学校では足腰を鍛えるため、野球部ではなくあえて陸上部に所属している。「やるからには勝つ」が自分の信念。常に高いレベルを求め練習に励んできた。野球はチームスポーツだが、マウンドに立った時やバッターボックスに立った時の、個人の戦いが醍醐味だと話す。憧れのプロ野球選手は、日本ハムファイターズの大谷翔平選手。野手と投手の二刀流の凄さに釘付けだ。好きなチームは、読売ジャイアンツ。強いため見ていて楽しいと笑顔を見せた。

 ○…中学1年生から約2年半になるリトルシニアでの野球生活。しかしそのうち1年8カ月は、肘の故障との戦いだった。中1の冬、投げ過ぎが原因で痛めてしまい、病院に行くと手術の覚悟が必要だと診断された。「全力でできなくなる」。一度は野球を諦めかけた。しかし、トレーナーとの出会いや両親など周りの人の助けを受け、手術をせず、リハビリでの治療に打ち込むようになったという。「怪我をしたことによって今まで以上に努力した。ケアの大切さも知った」と、苦難も力に変えていく。

 ○…「好きな食べ物はゼリー」とはにかむ表情にはまだ幼さが残る。しかし野球の話をする時は、キリリと引き締った大人の顔だ。来年からは高校生。目指すは甲子園だ。176cmのがっしりとした体格に、輝かしい将来が感じられた。
 

秦野版の人物風土記最新6件

紅谷 綾音さん

東海大学チャレンジセンターキャンパスストリートプロジェクト(C.A.P.)のリーダーを務める

紅谷 綾音さん

12月14日号

猪股 義晴さん

9日まで開催中の「蓑毛緑水庵紅葉ライトアップ」の主催事務局を務める

猪股 義晴さん

12月7日号

渡邉 典夫さん

30周年を迎えた社会福祉法人ビーハッピー「みのりの家」の理事長を務める

渡邉 典夫さん

11月30日号

鈴木 幹雄さん

秦野観光和太鼓最年長会員として11月25日の第9回自主演奏会に臨む

鈴木 幹雄さん

11月23日号

小泉 貴寛さん

秦野産小麦の地産地消を目指す秦野小麦出荷組合組合長

小泉 貴寛さん

11月16日号

久保寺 こずえさん

絵画サークルCrazy Pumpkinの代表を務める

久保寺 こずえさん

11月9日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク