秦野版 掲載号:2015年1月17日号
  • LINE
  • hatena

公益社団法人秦野青年会議所2015年度理事長に就任した 遠藤 晶則さん 落合在住 36歳

誇れるまちを子へ繋ぎ

 ○…「飛躍〜未来へ向けた更なる進化を!」をスローガンに掲げた。40歳までの青年経済人などからなるまちづくり組織「秦野青年会議所(JC)」の今年度理事長を務める。会員数31人。創立50周年で提唱した「秦野サイクルシティ構想」を推し進め、今年はヤビツ峠でのヒルクライム実現に向けて、動き出す予定だ。「ヤビツ峠は自転車の聖地にもなっている。ヒルクライムを開催することで、まちづくりにも繋がるはず。そのためには地元の理解、行政、警察の協力が必要不可欠です」と話す。自転車を活用した地元との交流イベントを計画したい考えだ。

 ○…JCに入会したのは約10年前。当時は20代が自身を含めて2人しかいなかった。父に勧められて何となく入会したが「一から社会人としての基礎を学ぶ事が出来た」と振り返る。「最近は若手が入ってきてくれているので、皆のモチベーションが高い。固定観念に縛られない新メンバーの意見を聞くことで、新しい手法、考え方が生まれてきています」。組織として力強い事業を推し進めるためにも、会員拡大は今後も課題となる。

 ○…(有)遠藤産業の専務取締役。ケーブルやワイヤーハーネスなどの製造を手掛ける。父が創業したこの会社を継ぐだろうと気持ちは、昔から漠然とあった。小さい時から工場をのぞいては製品を触っていたので、この道に進むことに違和感はなかったという。「新たな顧客を増やして、裾野を広げていきたい」と次代としての展望も語る。

 ○…趣味はゴルフなど。3児の父でもある。秦野で生まれ育ったが「正直、愛着はなかった。たばこ祭もほとんど行ったことがなかったし」と昔を思い出し苦笑する。しかしJCの活動を通して「この街を良くしていくのが自分たちの責任だと感じるようになった」とキッパリ。子を得て、その想いはさらに強くなった。父として、市民として、誇れるまちづくりをめざす。

秦野版の人物風土記最新6件

紅谷 綾音さん

東海大学チャレンジセンターキャンパスストリートプロジェクト(C.A.P.)のリーダーを務める

紅谷 綾音さん

12月14日号

猪股 義晴さん

9日まで開催中の「蓑毛緑水庵紅葉ライトアップ」の主催事務局を務める

猪股 義晴さん

12月7日号

渡邉 典夫さん

30周年を迎えた社会福祉法人ビーハッピー「みのりの家」の理事長を務める

渡邉 典夫さん

11月30日号

鈴木 幹雄さん

秦野観光和太鼓最年長会員として11月25日の第9回自主演奏会に臨む

鈴木 幹雄さん

11月23日号

小泉 貴寛さん

秦野産小麦の地産地消を目指す秦野小麦出荷組合組合長

小泉 貴寛さん

11月16日号

久保寺 こずえさん

絵画サークルCrazy Pumpkinの代表を務める

久保寺 こずえさん

11月9日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク