秦野版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

上小学校 土俵よみがえる 秦野場所の土で改修

教育

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
手形に手を合わせ大きさを比べる児童
手形に手を合わせ大きさを比べる児童

 秦野市内の小学校で唯一の土俵が残っている、市立上小学校(柳川25の3、市川知代校長)の土俵改修工事が完了し、1月21日、同校で土俵改修記念式典が開催された。昨年10月の「大相撲秦野場所」で使用された土俵の土を日本相撲協会から譲り受け、PTAや保護者、地域住民らが力を合わせ、古くなりひび割れ等を起こしていた土俵をよみがえらせた。

 市立上小学校(児童88人)に土俵が作られたのは1982年。当時、秦野市が「相撲で体力づくりを」と市内の小中学校に設置したという。しかし、土俵は雨ざらしとなりひび割れやくぼみなど劣化し、補修等ができず次々と姿を消した。

 上小では、1983年に当時の保護者や地元の上共有林管理組合などが資金を出し合い、屋根を設置。以来、同校ではPTAや地元住民らの協力を得ながら修繕を行ってきた。

 土俵ができて今年で33年目。今年度の改修を検討していたところ、大相撲秦野場所のちびっこ相撲に土俵が残る学校として、同校の5、6年生が招待を受けた。老朽化の事情を話すと、相撲協会が土の寄贈の依頼を快諾、いっきに話が進んだ。

 秦野場所の終了直後、建設業を営む保護者のトラックで、市川校長はじめ学校関係者が土を学校に搬入。専門業者によって新たな土俵が造り上げられた。

記念式典でサプライズ

 改修記念式典には、来賓や同校児童、上幼稚園の園児ら関係者約130人が出席。市川校長が土俵の歴史を説明し、「地域の皆さんが土俵を大切にしてくれている。それは”上っ子”のみんなを大切にしてくれているということ」と児童に語りかけ、その後、代表児童から「大切に使っていきたい」と感謝が述べられた。

 新しい土俵で児童による模範試合が行われる予定だったが、当日はあいにくの雨模様。体育館で行われた子どもたちの白熱した戦いに大きな声援が送られた。

 式典中にはサプライズも。第70代横綱の日馬富士関の名付け親の出雲大社相模分祠の草山清和宮司から、同横綱を含む歴代3横綱、1大関の手形が寄贈された。市川校長は「全く知らなかった」と驚き、草山宮司の粋な計らいに感謝したという。

 手形は現在、同校の多目的ホールに飾られている。子どもたちは手を合わせて大きさを比べ、「お相撲さんの手ってすごく大きい」と目をまるくしていた。今後は額装し、目にふれる場所に掲示する予定という。

 同校では毎年、開校記念日に「すもう大会」を行っており、2015年度は5月29日(金)に開催を予定。

改修された土俵
改修された土俵

秦野版のトップニュース最新6

アウトドアの拠点目指す

秦野戸川公園YAMA CAFE

アウトドアの拠点目指す 社会

2月8日にオープン

1月17日号

「飛」掲げ事業前進誓う

「飛」掲げ事業前進誓う 社会

記者会見で高橋昌和市長

1月17日号

市との間で基本協定締結

秦野市学校給食センター(仮称)

市との間で基本協定締結 教育

ハーベストグループが建設・運営

1月10日号

1,720人が門出迎える

1,720人が門出迎える 社会

13日に「新成人のつどい」

1月10日号

取り組んだ事業 着実に前進

取り組んだ事業 着実に前進 政治

高橋昌和市長に新春インタビュー

1月1日号

法話伝える ねずみの石像

東田原金剛寺

法話伝える ねずみの石像 社会

「昼夜を表し、生死を説く」

1月1日号

10番背負い夢の舞台へ

全国高校サッカー選手権

10番背負い夢の舞台へ スポーツ

日大藤沢、成定真生也君(曽屋在住)

12月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク