秦野版 掲載号:2015年1月29日号
  • LINE
  • hatena

「にがいけど、おいしい」 本町幼稚園児が「お茶」体験

教育

飲み終わって一息つく園児
飲み終わって一息つく園児
 秦野市立本町幼稚園(加藤しのぶ園長)で1月23日、5歳児約70人が「お茶」を体験した。昨年度まで同園園長も兼任していた本町小学校の糟谷松夫校長が、茶道の織部流師範の資格を持っており、2012年度に園児のお茶会が始まり、今年で3回目だ。

 園児たちは、赤い布の上に行儀よく正座し、まずは茶菓子のまんじゅうを2つに割って食べた。まんじゅうを乗せていた懐紙をポケットにしまった後、糟谷校長が茶を点てるところを見せ、PTA会員らによって子どもたちの前にも茶が運ばれた。

 小さい手で大きな茶碗をしっかりと持ち、糟谷校長の指導のもと、茶碗をくるりと回し、ゆっくりと味わった。園児たちは「にがいけど、おいしい」などと話し、日本の文化に触れた。

 糟谷校長は「礼儀作法よりまずは体験。伝統文化を感じてほしいという思いで始めた。最近はお菓子などにも抹茶が入っており、子どもたちも慣れているせいか『おいしい』と言ってくれる子どもが多かった。こういう味覚の体験も必要ですよね」と話した。

作法を教える糟谷校長
作法を教える糟谷校長

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク