秦野版 掲載号:2015年2月12日号
  • LINE
  • hatena

秦野の寺子屋教育 古墳展示館で資料展

文化

寺子屋で使われていた教科書「商売往来」「百姓往来」
寺子屋で使われていた教科書「商売往来」「百姓往来」
 江戸時代庶民の教育を支えた寺子屋の、秦野市域に関連する写真パネルや資料を展示する、はだの史・発見展「寺子屋入門」が3月15日(日)まで、桜土手古墳展示館(秦野市堀山下380の3)映像室で開催されている。入場無料。時間は午前8時30分から午後5時(入館30分前まで)。

 写真や資料等を通じて秦野の歴史をたどるシリーズで、今年度は3回目の開催。

 今回の展示では、寺子屋の生徒「筆子(ふでこ)」が師匠の功績をたたえて建てた「筆子塚」の写真パネルや市内分布図、寺子屋で実際に使われていた教科書、写本など46点を展示。当時行われていた算術や寺子屋に関するクイズなども体験できる。

 問い合わせは市生涯学習課文化財班【電話】0463・87・9581へ。月曜、祝日の翌日は休館。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク