秦野版 掲載号:2015年2月19日号
  • LINE
  • hatena

八重桜いっぱいの里へ 頭高山で植樹祭

社会

140本以上の若木が植えられた
140本以上の若木が植えられた
 秦野市千村の頭高山(ずっこうやま)中腹で2月15日、八重桜の若木の植樹祭が行われた。

 千村地区は全国有数の食用八重桜の産地として知られ、摘み取りシーズンの4月中旬には多くの観光客が訪れる。

 植樹祭は秦野市制60周年記念事業の一環で、頭高山の観光地としての魅力をさらに高めようと秦野市桜の植樹推進実行委員会(会長/古谷義幸市長)が実施した。

 会場では、事前に申し込んでいた市民144人や関係者が、高さ3mほどの若木をスコップで穴を掘り丁寧に植えていった。

 事務局の市観光課では「植えただけでは終わらず今後育樹祭など活動を継続して、頭高山がより魅力ある観光地となることを期待したい」と話している。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク