秦野版 掲載号:2015年2月19日号
  • LINE
  • hatena

不法投棄のごみ撤去 自治会、行政、企業など参加

社会

草むら等からごみを回収
草むら等からごみを回収
 不法に投棄されたごみの撤去作業が2月12日、秦野中井インターチェンジと上智大学短期大学部周辺の側道で行われた。

 実施したのは自治会や市・県職員、秦野警察、地元企業や秦野市農協などで組織する「秦野地区不法投棄防止キャンペーン事業実行委員会」。同委員会では、住民などへの不法投棄の意識啓発等を目的に年2回ほど撤去作業を行っている。今回は、初参加の一般社団法人神奈川県トラック協会職員を含む32人が参加した。

 当日は40分ほど道路脇や植え込み、草むらなどから空き缶やペットボトル、タイヤや布団など190kgのごみを回収した。

 参加した上自治会連合会・須藤一男副会長は「多くの人に実情を知ってもらえばきれいな街づくりにつながるのでは」と話した。

 市清掃事業所では「廃棄物の処理および清掃に関する法律第16条および題25条により、廃棄物を捨てたものは、5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金に処せられます」と注意を促している。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク