秦野版 掲載号:2015年2月21日号
  • LINE
  • hatena

雛人形で「元気になって」 赤十字病院内3月5日まで

文化

華やかな雛飾りを眺める患者ら
華やかな雛飾りを眺める患者ら
 患者や来院者に喜んでもらおうと、秦野赤十字病院内に雛人形が飾られた。エントランスホールの大階段には、雛壇に見立てた3式の段飾り、45体の雛人形が院内を華やかに彩っている。

 飾り付けをしたのは同病院のボランティアグループ。「患者さんを癒してあげられたら」と、10年以上続けてきた。人形や飾り道具はメンバーが子どもの頃に使っていたもので、40年以上の歴史を持っている。

 足を止めて眺める人も多くおり、写真を撮ったり、豪華な雛壇の前でじっと見つめ続ける子どももいた。玄関にもお内裏様とお雛様の親王飾りがあり、来院者を出迎えてくれる。

 同グループの天野陽子さんは「今後も続けたい」と話す。展示は3月5日(木)まで。普段は病院の総合案内や車いす整備などを行っている同グループ。会員は随時募集中。問い合わせは【電話】0463・81・3721へ。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク