秦野版 掲載号:2015年6月25日号
  • LINE
  • hatena

給食に秦野小麦パン 全13小学校で一斉提供

教育

コッペパンを頬張る児童
コッペパンを頬張る児童
 秦野市立の全13小学校(総児童8392人)で6月19日、秦野産の小麦粉を使用したコッペパンが給食で提供された。

 市内に13ある農家が現在も小麦を生産しており、地産地消の観点からJAはだのが「秦野産の小麦を使ったパンを給食で提供出来ないか」と働きかけたのがきっかけだ。市立北小学校では、カレーうどん、フライドポテトなどのメニューとともに提供。食前に、「今日のパンは秦野産の小麦で作ったパン」と言うアナウンスを担任教諭や代表児童から聞き、食べ始めた。

 そのまま頬張る子や、ちぎって食べる子、カレーうどんにつける子など食べ方は様々だったが、児童たちは「柔らかくて美味しかった。小麦の味がすごくて、いつものパンと違った。また食べたい」などと話した。 同校では、パンが提供される他の日と比べると、秦野産小麦使用のパンを提供されたこの日のほうが、残量率が少なかったという。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク