秦野版 掲載号:2015年8月1日号
  • LINE
  • hatena

今年も完成 大山灯籠 揃いの衣装で結束固く

文化

鶴巻下部大山灯籠と担い手の保存会
鶴巻下部大山灯籠と担い手の保存会
 今年、秦野市の文化財に指定された、鶴巻下部大山灯籠行事が、7月25日に同保存会の手によって鶴巻第一自治会館の敷地内で行われ、灯籠と覆屋が完成した。この日のために久保寺保美会長が用意した揃いのTシャツに身を包んだ会員たちは、慣れた手つきでありながらも、声を掛け合いながら約1時間で組み立てた。

 灯籠の高さは2m43cm、幅81cm、奥行き76cm。他地域にあまり例を見ない灯籠の覆屋は、高さ3m39cm、幅3m36cm、奥行き3m23cmだ。

 保存会最高齢の80代の会員は「私の祖父の時から代々携わっている。自分も20歳ぐらいから手伝っていて、もう60年以上だよ」と白い歯を見せた。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク