秦野版 掲載号:2015年8月6日号
  • LINE
  • hatena

身、心、呼吸整えて 東光寺で子ども座禅会

文化

禅杖に身をかがめる子
禅杖に身をかがめる子
 天台宗医王山東光寺(秦野市南矢名366・樋口亮順住職)で8月4日、地域の子どもたちを集めた座禅会が行われ、親子55人が参加した。

 座禅会は同寺の亮翔氏、亮全氏が子どもたちの前で指導。亮翔氏が「座布団の正面のはどこ?」と問うと、子どもは手を挙げ「縫い目がない所」と即座に答えた。

 禅杖で左右3回ずつ叩くのは、眠くなったり、同じ姿勢で背中がムズムズするのを助けるため。両氏が子どもの前に立つと互いに一礼し、子どもは身をかがめ「仏の助け」を受けた。

 終わりに亮全氏は「人間として生まれるのは大海に落ちた1本の針を拾うほど難しいという仏の教えがある。今の自分があるのは先祖がいてこそのことなので、お盆には墓参りをし、生まれてきたことに感謝してください」と話した。

東光寺

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク