秦野版 掲載号:2015年9月26日号
  • LINE
  • hatena

心躍ったフロート車 月島寿司 齋藤哲明さん

文化

月島寿司の2階から撮影したフロートパレード
月島寿司の2階から撮影したフロートパレード
 秦野橋北側交差点の角に位置する月島寿司。たばこ祭のメイン通りに面する同店は、祭の賑わいを見続けてきた。同店の齋藤哲明さん(52)は「たばこ祭の思い出と言えば、やっぱりフロートパレードです」と話す。子どもの頃は、末広小から台町、桜町を通って、だんだん近づいてくるフロート車の明かりをワクワクしながら待っていた。当時は各商店会がこぞってフロート車を出し、審査も行われていた。華やかなパレードの後を追って、毎年市役所まで審査結果を聞きに行くのが楽しみだったという。

 父の跡を継いで、2001年から同店が加盟する上宿商栄会の手伝いをするようになり、憧れのフロート車デザインを任された。初めて関わった年は、後ろで踊るパフォーマンスも取り入れ、金賞を受賞したという。

 フロートパレードがなくなってからは、商店会で祭を盛り上げようと大道芸を呼んだ。「あの時は、上宿通りが人で埋まって、こんな上宿は初めて見たと言われたね」と振り返り笑う。その大道芸は今年も、訪れる人々の楽しみのひとつとなるだろう。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク