秦野版 掲載号:2015年9月26日号
  • LINE
  • hatena

犠牲者に事故ゼロ誓い 交通安全協会で慰霊祭

社会

献花を行う中田会長
献花を行う中田会長
 第47回交通犠牲者慰霊祭が9月17日に行われた。例年、新町交差点の慰霊碑前で実施されているが、今年は雨のため秦野市交通安全協会の一室に会場を移し、祭主である同協会の中田定美会長をはじめ、横山俊二秦野警察署長ら関係者約25人が参列した。

 今年は新たに3柱が合祀され、交通事故による犠牲者は306柱に。花束や折鶴奉納のあと、全員で献花が行われた。中田会長は「交通事故死ゼロを実現するため、事故防止を推進していく」と誓った。また遺族代表として諸星真奈美さん・実季さんが出席。実季さんは「私は父が事故で亡くなった年に生まれ、父の腕に抱かれることなく成長しました。今は母や祖父母の愛情に包まれ、元気に大学に通っています。お父さん、秦野市内から悲惨な事故が無くなるよう、私たちが安全に暮らせるよう見守り続けてください」と挨拶。事故防止を訴えた。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク