秦野版 掲載号:2015年10月31日号
  • LINE
  • hatena

学官民で地域の課題考え 東海大学フリースペース

社会

テーブルごとに出た意見を自由に模造紙に書く参加者
テーブルごとに出た意見を自由に模造紙に書く参加者
 東海大学湘南校舎で10月19日、地域の課題を学生と住民、行政職員らが話し合う「フリー・スペース」が行われた。当日は同大学生のほか、秦野・平塚・伊勢原・大磯の職員、大根地区自治会を中心とした地元住民ら約50人が参加。8チームに分かれて、「大学と地域とが交流を深めるためには」をテーマに意見交換を行った。

 はじめに簡単な自己紹介をしたあと、テーブルごとに自由に意見を出し合い、その後メンバーを入れ替えて意見を交換。再び最初のテーブルに戻り、意見交換で気付いたことなどを話し合う「ワールドカフェ」方式で行われた。意見交換では「交流の原点は挨拶。地域住民からも学生側からも積極的に挨拶をしては」、「大学や地域のイベントなど知らない場合が多い。情報共有できるよう発信していかなければ」など、活発な発言が見られた。また、話し合いの中で「ああ、そういう考えもあるか」という声も聞かれ、学生・住民・行政それぞれの考えを共有する時間となった。

 主催の同大To―Collabo推進室の永禮(ながれ)明子さんは「大学側としても課題をいただいた有意義な会でした。今回の内容を踏まえ、今後も継続していきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク