秦野版 掲載号:2015年10月31日号
  • LINE
  • hatena

本町小児童が義援金 「台風18号被害のために」

社会

本町小児童会本部委員たち
本町小児童会本部委員たち
 秦野市立本町小学校の児童会本部委員の児童が、台風18号で被害にあった人たちのために募金を集め、被災地に送ってもらおうと10月19日、市役所を訪れ、古谷義幸市長に手渡した。

 9月上旬に栃木県に修学旅行に行った6年生は、台風の影響でほとんどの行程が中止になり、被害の全容は秦野に戻ってきてからテレビなどの報道で知った。

 募金は児童会主導で毎朝8時から昇降口など6カ所に立ち、「台風による水害の義援金を集めています。募金をお願いします」という掛け声とともに9月24日から10月2日までの間、募った。児童会本部委員の三浦健豊(けんと)委員長や他の児童は、義援金を「栃木、茨城方面の被害にあった人たち、困っている人たちのために使って下さい」と話した。集められた14012円は日本赤十字社へ送金される。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク