秦野版 掲載号:2015年12月12日号
  • googleplus
  • LINE

「香り高く最高の味」 栽培からそば作りを体験

社会

そば作りの工程を丁寧にこなす参加者
そば作りの工程を丁寧にこなす参加者
 秦野市立上公民館(菖蒲1587の16)で12月5日、5月から全9回の日程で開催されていた「落花生・そば栽培とそば打ち教室」の最終回が行われた。

 11人の参加者はこれまで、落花生の種まきから除草作業、収穫などをしてきた。同時に晩夏からそばの栽培をはじめ、収穫から脱穀まで全て自分たちの手で行ってきた。

 最終回はいよいよそば打ち。はだの有機栽培クラブの野崎信義さんが講師を務め、水回しや練り込み、延ばしや麺状に切る作業など、丁寧に指導していた。

 完成は2食分。1食はその場で茹で、出来立てを参加者全員で味わった。

 定年退職をして時間ができたからと参加した60代の男性は「麺の細さを揃えるのが大変だった。でも自分で作ったそばは香り高く最高の味だった」と笑顔をみせた。

東光苑

サラダブッフェ、土・日曜も含めて毎日実施。特選ランチメニューをリニューアル。

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク