秦野版 掲載号:2015年12月24日号
  • LINE
  • hatena

南矢名鈴木隆之さん 空手国際大会で初優勝 決意の連続蹴りで勝機

スポーツ

稽古中の鈴木さん
稽古中の鈴木さん
 極真空手の国際親善試合「2015ワールドシニア空手道選手権大会」が11月23日に東京体育館で行われ、秦野市南矢名在住の鈴木隆之さん(45歳・2段)が組手45歳以上-(マイナス)70kg級で優勝した。全日本3位を2回経験する鈴木さんだが、国際大会での優勝は初。

 大会で同階級には日本、ベラルーシ、ロシアから各地域の覇者など15人が顔を並べた。1試合2分のトーナメント戦で鈴木さんは3連勝し、決勝戦へ。相手はベラルーシの強豪で鈴木さんと同じく突きを得意とする選手だ。

 試合は激しく打ち合う一進一退の展開。後半、「このままでは形勢不利では」と考えた鈴木さんは、普段あまり使わない上段回し蹴りを1度試み、続けざまに上段回し蹴り、前蹴り、後ろ回し蹴りを繰り出した。ポイントにこそならなかったものの、3対1の判定勝ち。鈴木さんは「目の前の試合の事しか考えていなかった。今後も地道に稽古に励みます」と話した。

 鈴木さんが極真空手を始めたのは12年前。動機は長男が生まれたことだった。「子どもが大きくなったら礼儀や精神力を身に着けるため、空手をやらせたくて。自分がやっていれば自然に始めてくれるのではと考えました」。稽古を重ねるうちに、父の背中を見て長男、そして長女も一緒に通うようになったという。

 鈴木さんを指導してきた極真会館西湘支部の福田達也支部長は「鈴木さんは高い実力を持ちながらなかなか優勝できず、それでも続けてきた。昇段への意欲もあり、支部の皆が良い刺激を受けています」と話した。

秦野版のトップニュース最新6件

秦野勢初のベスト4に

少年野球部コメッツ

秦野勢初のベスト4に

12月14日号

創意くふう展で県知事賞

小児医療費助成を拡大へ

市内の危険バス停を公表

神奈川県警

市内の危険バス停を公表

12月7日号

「センター方式」を答申

中学校完全給食推進会議

「センター方式」を答申

11月30日号

再編・集約で9部50課に

秦野市

再編・集約で9部50課に

11月30日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク