秦野版 掲載号:2016年1月1日号
  • LINE
  • hatena

金井酒造店 新しい杉玉に架けかえ 新酒完成に合わせ

社会

まだ緑色が濃い杉玉
まだ緑色が濃い杉玉
 蔵元がその年の新酒ができたことを知らせる目印として掲げる「杉玉」。市内の金井酒造店でも、昨年暮れ、新酒の完成に合わせて新しい杉玉が掲げられた。

 同社の杉玉は、新潟県長岡市から酒造りにやってくる杜氏の内山正さんが手作りした。今年は長岡の杉を使って、直径65cmほどの球状に仕上がった。今年は杉玉の上に立派な屋根が付いた。同社では「最初は緑色の杉玉が少しずつ枯れた茶色に変わっていくのが酒が熟成していく様子を表しているとも言われています」と話す。

 今年は秋から暖かい日が続いたが、発酵も順調に進んだため「例年通り丸みを帯びた味わいの上質な新酒が仕上がった」という。

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク