秦野版 掲載号:2016年1月7日号
  • LINE
  • hatena

県花き展覧会で銀賞 市内生花店の2人

文化

芦川さんと芦川の作品(下)
芦川さんと芦川の作品(下)
 「花とみどりのフェスティバル神奈川県花き展覧会」が12月12・13日に横浜産貿ホールで行われ、「5000円アレンジメントの部」で、鶴巻生花(鶴巻南)の芦川美紀さん(39)とフルール花もと(南矢名)の大塚裕太さん(23)が銀賞を受賞した。開催が12月だったこともあり、2人はそれぞれクリスマスを意識した作品を出品した。

 芦川さんは「おうちの中に飾ったとき華やかで喜ばれるように」とバラ、ガーベラ、リューココリーネなどを用い、さらに多肉植物を入れ、長く楽しめる作品に仕上げた。「前回銅賞を頂いたときも多くのお客様から声をかけてもらいました。これからもお客様を大切に頑張ります」と話した。

 大塚さんはヒバの葉、バラやマム、ヒペリカム等を使ったクリスマスツリーを出品。2015年8月からフルール花もとで働き始めたばかりで、今回が初挑戦だった。「自分はまだまだ。今はひたすら目の前の仕事を頑張ります」と話した。

大塚さんと大塚さんの作品(下)
大塚さんと大塚さんの作品(下)

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク