秦野版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

上智大短期大学部 「母語」習得をサポート 日本育ちの外国籍児童らに

教育

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena
スペイン語母語保持教室で講師の話に耳を傾ける参加者
スペイン語母語保持教室で講師の話に耳を傾ける参加者

 秦野市上大槻にある上智大学短期大学部のサービスラーニングセンターで週に1回、南米国籍の親を持つ子どもたちが、母語であるスペイン語やポルトガル語を習得するための教室が開かれている。スペイン語母語保持教室の場合は、スペイン語圏出身の外部講師がスペイン語のみで授業を行う。子どもたちは参加する大学生とペアを組み、交流を深めながら、無料で参加できる。

 秦野市の外国人登録者は約3000人。そのうちブラジルやペルーなど南米国籍の市民が3分の1以上を占める。外国籍児童生徒は300人弱で、その半数以上は日本生まれだ。

 市内では1960年代以降、カトリック教会やボランティア団体、大学などが、外国籍市民への日本語教室やその子どもたちを対象に学習支援を行ってきた。

 一方で、日本で生まれ育った子どもや幼い頃移住してきた子は生活の中で日本語に触れる機会が多いため、南米出身の親が話すスペイン語やポルトガル語などの「母語」を十分に習得できないという現状もある。その場合、親子間でのコミュニケーションの中で、微妙なニュアンスが伝わらなかったり、社会問題などやや難しい話題について、日本語でも母語でも理解できないために、学習に支障をきたしてしまう例もある。

 言語学博士で同大准教授の宮崎幸江氏は「親に叱られた時や心配されている時、その微妙なニュアンスが理解できないと、子どもの心に響かない。認知的発達やアイデンティティにも影響を与えます」と話す。

 同大の母語保持教室は、日本語教室へ通う子の保護者から依頼され2014年度から始まった。和やかな雰囲気の中、歌やゲーム、写真などを通して単語、発音、文法、会話を学ぶ。放課後に開くため、教室が始まるのは午後6時以降。秦野ロータリークラブが児童生徒の送迎や講師料の寄附などの支援を行っている。

 親がペルー国籍の男子児童は「友達に会えるし、覚えやすい歌で教えてもらえるから面白い」とにっこり。大学生の米山裕佳さん(英語科1年)は「ここでは生のスペイン語が聴けるし、仲良くなった子どもたちから教えてもらえる。楽しく語学が習得できます」と話す。

 今年度の教室はあと2回。「もともと賢くコミュニケーション力の高い子でも進学や学校生活で苦労が多い。子ども世代は秦野に定住することも多いので、地域を支える人材を育てていくという意味でも、母語や日本語の習得を助けることが重要では」と宮崎准教授は話す。

宮崎氏(後列右から3番目)と参加者ら
宮崎氏(後列右から3番目)と参加者ら

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

1,669人 新たな門出

1,669人 新たな門出 社会

10日に新成人のつどい

1月7日号

1月14日から発送

65歳以上3回目接種券

1月14日から発送 社会

接種開始は2月1日

1月7日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中学生の優秀作並ぶ

中学生の優秀作並ぶ

1月22・23日 中学校美術展

1月22日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook