秦野版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

小野薫さん(千村在住) 耕作放棄地を1人で整備 4年かけ「近道」を開通

社会

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena
整備が完了した道に立つ小野さん
整備が完了した道に立つ小野さん

 千村の傾斜地に広がる、約7200平方メートルの耕作放棄地を整備した小野薫さん(60・秦野市千村在住)。黙々と草を刈り木を運び、足掛け4年。頂上付近と麓の住宅地をつなぐ約350mの道を開通させた。

 開拓を始めたのは4年前。当時は、頂上付近の道路から市街地を眺めることはできなかったという。「まるでジャングルでしたよ」と話す小野さんを動かす力の源は、里山保全と近隣住民やハイカーへの思いだ。

 整備した場所は、頭高山のハイキングコースとしても利用されている峠に位置する。「私が小学生の頃の40年前は、まだ畑が広がっていました」と、記憶をたどる小野さん。地主の親が行っていたという畑作。その頃は麓の住宅地から繋がる農道があり、人々が峠の奥にある部落へ行き来していたという。

 しかし、月日が経つにつれ畑作は減り、農道を含む周辺の畑は耕作放棄地へと姿を変えていった。

 土地の荒廃が進むと、近隣地への病害虫や鳥獣害、ゴミの不法投棄などが懸念される。そこで小野さんは、「何とかしなければ」と整備に取り掛かった。日中は鈑金塗装業を営んでいるため、作業をするのは早朝と夜。草刈り機を手に自分の背丈、あるいはそれ以上の高さがある藪の中へ入り伐採。高さ15m直径80cmの木を、ワイヤーを駆使して自力で移動したこともあった。「道が無ければ人も来ないし、畑も作れない」と、かつての農道を遊歩道として開通させた。

 今月2日、ついに全ての作業が終了。頂上付近は横幅40m程左右に開かれ渋沢駅方面が一望でき、訪れた人たちの新たな休憩・展望場所になった。開通した道は麓にある集会所「十王堂憩いの家」のそばに繋がっている。これまで徒歩で15分の道のりが、3分の1程に短縮できるようになった。

 小野さんは「先祖からの土地を放置している所が多く残念に思う。開墾すれば鳥獣害も減り野菜も得られるので良い事ばかり」と里山整備の重要性を口にする。伐採した木は、薪ストーブを持つ住民にあげるなど有効に活用。先に整備を終えていた頂上付近では、現在小野さんがネギなどの野菜を栽培している。

 近道となった遊歩道。小野さんは「大変な作業だったが、みんなに喜んでもらえたら嬉しい。どんどん利用してもえたら」と、散歩やハイキング、遠足などでの利用を勧めている。麓の集会所にはコミュニティタクシーの停留所があり、今後、上の通路口に時刻表を掲示したいと考えている。

 「人生1回だから、悔いを残したくないんだ」。小野さんは笑った。

整備前の土地(撮影は2013年12月)
整備前の土地(撮影は2013年12月)

秦野版のトップニュース最新6

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

市内商店 祭盛り上げ

秦野たばこ祭

市内商店 祭盛り上げ 社会

インスタで写真募集も

9月3日号

代々伝わる湧水 電力に

平沢在住和田大さん

代々伝わる湧水 電力に 社会

自宅裏に手製の水力発電

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook