秦野版 掲載号:2016年2月13日号 エリアトップへ

地域の社交場として自身の店を提供している 山上 太一さん Mountain records(ヤマレコ)経営 38歳

掲載号:2016年2月13日号

  • LINE
  • hatena

人を繋ぐ喜び

 ○…本町四ツ角近くに佇むヤマレコは、音楽が流れる街の社交場。2年前の開店当初は、音楽・映画好きが集う場を目指したが、来店客へ人や地域の情報を紹介するうち、話し相手を求める人や子ども連れにも愛される店に。本場帰りの料理人に教わり研究したインド風カレーが人気メニュー。地域の人を招くパーティーも好評で、13日にもバレンタイン企画を予定。「人が人を呼び、繋がっていくのが楽しい」と笑顔で語る。

 ○…父は相模原市出身、母が沖縄県出身。高校時代、地元・沖縄に出来たレコード店で、テレビのトップチャートでは知り得なかった曲の多さに衝撃を受け、店へ通うように。店長と交流を深める中で60〜70年代の名曲に触れ、映画や本等とリンクし社会へメッセージを発信する音楽の力を知った。「あの人がいなければ今はない。目標です」。

 ○…開業と上京を夢見て、地元で必死に働いたアルバイト時代。辛い時は小沢健二の『天使たちのシーン』を聴き励まされた。「音楽の偉大さを歌ってる。それが本当に沁みるんです」。今でも大切な一曲だ。

 ○…23歳で上京。CDショップに就職し、下北沢、町田、渋谷の店舗で働いた。6年後、ジャスコ秦野店(現イオン)内への進出を機に「店長になれるなら」と新妻を連れ秦野に移住。豊かな自然と人情深い土地柄が肌に馴染んだ。「水無川沿いを眺めて通勤するのが好きでした」。退店が決まった2011年、秦野での独立を決意。「慕ってくれる人がいたからです。お客さんも同僚も、秦野の人は良い人ばかり」。いつしか秦野が大切な場所になっていた。

 ○…現在は妻の両親の元、都内で妻子と暮らす。NBAの試合は必ず録画する程のバスケ好きで、商店仲間と総合体育館で試合をしたことも。「でも営業時間を拡大してからは難しくて」。時代の波はCD業界全体に厳しくはあるが、「市外からも人が集まる店にしたい」と瞳は前を見ていた。

秦野版の人物風土記最新6

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

秦野eスポーツ協会の会長を務める

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

緑町在住 43歳

8月27日号

井越 基生さん

市内の双体道祖神の絵を100枚以上描いている

井越 基生さん

南が丘在住 84歳

8月20日号

小川 秀晴さん

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める

小川 秀晴さん

上今川町在住 71歳

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook