秦野版 掲載号:2016年2月13日号 エリアトップへ

秦野出身球児 堀岡君 センバツへ 青森山田のエース投手

スポーツ

掲載号:2016年2月13日号

  • LINE
  • hatena
秋季東北大会で力投する堀岡君
秋季東北大会で力投する堀岡君

 3月20日(日)に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場32校が1月29日に発表され、秦野市出身の堀岡隼人君(2年)がエースピッチャーを務める青森山田高校が選出された。

 選抜決定の知らせを花田惇校長から受けると、グラウンドで待っていた部員らはガッツポーズをして11年ぶり2回目の出場をよろこんだが、堀岡君は「ほっとした」と振り返る。182cm・84kgと恵まれた体躯から最速142Kmを投げる堀岡君。憧れの舞台を前に「とてもうれしい。目標は日本一。自分の持っている力を発揮して、チームの勝利に貢献できるよう、地元の方々の応援を背に精一杯頑張りたい」と闘志を燃やしている。

 兜森崇朗(かぶともりたかあき)監督はチームを「投捕、内外野と守備のバランスが取れているチーム。高校生らしく、はつらつとしたプレーで勝ち進みたい」と意気込む。

 春の選抜出場を確実にしたのは、昨年の秋季野球東北大会での優勝。決勝で強豪八戸学院光星と対戦し、堀岡君の力投により5-0で完封勝ちを収めた。

恩師らからエール続々

 野球を始めたのは小学校1年の時。東小、東中に在学し、秦野少年野球部コメッツ、秦野リトルシニアで白球を追いかけた。

 小学校時代はショートを守っていた同選手。当時からずば抜けて肩が強く、遠投で唯一練習場の柵越えをしていたという。コメッツで当時ヘッドコーチだった現代表の宮永昌幸さんは「後にも先にも、柵越えは他にいない。身体能力が凄まじく高かった。甲子園のマウンドで、自慢の肩を見せつけてほしい」と話した。

 リトルシニアで教えていた当時のコーチ、現監督の牧嶋和昭さんは「自主練にも精を出していたのが今に活きているはず。自分のスタイルを貫いて頑張ってほしい」とエールを送った。

 また地元秦野で息子の活躍を待つ父、俊之さんは「平常心で投げられるよう自分をコントロールし、東北代表としてふさわしい投球をしてほしい」と希望を託した。

秦野版のトップニュース最新6

五輪ボランティアに参加

東田原の村田厚子さん

五輪ボランティアに参加 スポーツ

卓球などで選手らと交流

9月24日号

お試し住宅で移住促進

秦野市

お試し住宅で移住促進 社会

市外在住者対象に受付を開始

9月24日号

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook