秦野版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

今泉荒井地区 土地区画整理事業が完了 農地・休耕地が住宅地に

社会

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
カワセミも訪れる今泉あらい湧水公園の「あらいの小川」隣にはまだ建設中の住宅もある(2月18日撮影)
カワセミも訪れる今泉あらい湧水公園の「あらいの小川」隣にはまだ建設中の住宅もある(2月18日撮影)

 秦野市秦野駅南部(今泉荒井)土地区画整理事業の竣功式が2月18日、今泉あらい湧水公園で行われ、施行者である秦野市秦野駅南部(今泉荒井)土地区画整理組合(三杉克篤理事長)の関係者や協力者、来賓など約45人が参加した。

 施行地域は今泉字上川原渕、字荒井および字諏訪原の一部の約3・2ヘクタール。秦野駅から西へ約400m、徒歩5分ほどの場所。施行前はほぼ農地や休耕地だった。

 事業対象地域は秦野駅南部土地区画整理事業区域(30・4ヘクタール)の一部として1979年に都市計画決定されたが、今泉地区は住民らの合意が得られなかったこと等から長期に渡り未着手状態となっていた。

 滞ったインフラ整備を進め資産価値を高めるため、地権者らは2009年に農地地権者会を、2012年12月に同組合を設立。「子どもや孫のために住みよいまちにしよう」と奮闘した。

 現在も住宅の建設が進んでおり、既に約15軒に居住者もいる。三杉理事長は「事業に協力して下さったスタッフ皆さんに感謝している」と話す。

荒井湧水を公園として保存

 この地域には古くから人々の生活を支えてきた荒井湧水・用水があり、子どもたちはよく裸足でドジョウを捕まえていたという。

 今回の事業で、荒井湧水周辺の湿地帯は今泉あらい湧水公園として保存されることとなった。園内には水神の石祠が祀られ、桜などの樹木が植えられている。

 公園内をよく散歩するという70代の女性は、「若い頃、この川によく洗い物をしに来て、近所の人と話すのが楽しかった。ここにはいい思い出がいっぱい。利用する人達にはきれいに使って欲しい」と話す。

 竣功式当日、秦野市立南小学校5年4組が総合学習の時間の授業の一環で同公園を訪れていた。子どもたちは園内を自由に観察。小川の樹にとまるカワセミを見つけ、歓声を上げていた。

施行前の小川付近
施行前の小川付近

秦野版のローカルニュース最新6

自分だけの読書感想文を

自分だけの読書感想文を 社会

親子5組が参加

7月30日号

大山灯籠ともる

鶴巻地区

大山灯籠ともる 文化

夜道照らす伝統行事

7月30日号

歩行をチェック

歩行をチェック スポーツ

8月24日に測定会

7月30日号

8月イベント情報

万葉の湯 はだの館

8月イベント情報 社会

7月30日号

丹沢のマナー向上目指し

丹沢のマナー向上目指し 社会

プロの走りで「ひやり」体験

7月30日号

食料品を無料配布

食料品を無料配布 社会

感染症影響で困窮世帯に

7月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter