秦野版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

新年度予算案一般会計 過去最大497億円 駅周辺整備事業など増額

政治

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
予算案を発表する古谷市長
予算案を発表する古谷市長

 秦野市の古谷義幸市長は2月23日、定例記者会見で2016年度当初予算案を発表した。一般会計は497億7000万円で、前年度当初予算から8億9000万円増となり4年連続で過去最大規模を更新した。

 歳入では、個人市民税と法人市民税が合わせて2億9450万円の減収となる一方で、新築家屋の増加などにより固定資産税が2億2650万円増。市税全体で前年同額の232億2000万円を見込む。

 税収不足を補てんする普通交付税は21億円(前年比3億円増)を見込み、臨時財政対策債は前年同額の18億6000万円を発行、財政調整基金は10億8600万円(同5億9400万円減)を取り崩す。

 歳出では、高齢化の進行により扶助費など義務的経費が全体の53・09%を占める。また鶴巻温泉駅南口周辺や秦野駅北口駅前広場の再整備といった大型案件の事業費を増額し、普通建設事業費全体は60億1678万円(同3億6229万5000円増)とした。

子育て世帯の支援策など

 古谷市長は会見で、策定中の総合計画後期基本計画(2016年〜2020年度)に定める4つの基本施策を柱に、市政運営に取り組む方針を示した。基本施策では、住環境の整備、出産や子育て世帯の支援、防犯・防災、地域経済の活性化などがうたわれている。

 主な事業は「子どもの通院に係る医療費助成の拡大」(事業費4億969万円※拡大分は2500万円増)、「全ての園児に対する給食の提供の開始」(同1億9715万円)、「『ミライエ秦野(定住化促進住宅)』の供用開始」(同2億5028万円・新規事業)、「『森林遊び場(仮称)』の第1期工事の実施及び『昔の生活学習館(仮称)』の建設」(同8329万円・新規事業)、「消防署西分署の整備事業に着手」(同3470万円・新規事業)、「新東名高速道路 秦野サービスエリア(仮称)関連事業の推進」(同6518万円)、「ふるさと寄附金特産品贈呈事業の拡充」(同7001万円)など。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter