秦野版 掲載号:2016年4月14日号 エリアトップへ

秦野市「ふるさと寄付金」 大幅増の1億3千万円 利用者目線の見直し奏功

政治

掲載号:2016年4月14日号

  • LINE
  • hatena

 自治体に寄付をすると一定の税額控除が受けられるほか、地域の特産品等の返礼品が受け取れるなどして広まっている「ふるさと納税」制度で、秦野市への2015年度の寄付金実績が、前年度から約42倍の1億3898万6061円と大幅に伸びたことが分かった。

 秦野市では「はだのふるさと寄附金(ふるさと納税)」を2008年度に開始した。初年度は14件約1千455万円、2年目が8件約715万円という滑り出しも、3年目以降は3件〜13件、寄付額も60万円〜220万円程度にとどまっていた。

 比較サイトができるなど寄付者が寄付先の自治体を選ぶ大きな要因となっている「返礼品」は、2012年度に開始。「寄付額1万円以上」から数段階ごとに、秦野市観光協会の推奨品を中心に特産品や名産品などを設けたが大きな変化にはつながらなかったという。

 2014年度、寄付件数の増加を目指して担当の市資産経営課は、はだのふるさと寄附金の内容を検証した。同課担当者は、ふるさと納税マニアのブログを読むなど「寄付する側の視点」で改善点を見つけていった。

 その第1歩が「返礼品」の充実。農産物や工業製品も含めより広く市内所業者から返礼品への参加を募り、25事業所から38品目を用意した。その結果、前年度の10倍近い88件、金額も2倍増の約330万円超の寄付があった。

 続く2015年度、返礼品の種類をさらに拡充。また、返礼品の対象額をそれまでの「1万円以上」から「5千円以上」に引き下げた。さらに、担当者が「おそらくこれが一番大きな要因」と振り返るクレジットカード決済を導入。それまで銀行や郵便局での振込から、24時間いつでも寄付できる条件を整えた。

 すると、4月にいきなり249件の寄付があり、以降も毎月数百件単位で寄付が続き、11月と12月は1千件を超えた。年度末の集計で6428件、約1億3898万円というまさにジャンプアップ。年度当初は300万円を想定で、同課でも驚きを隠せない。

 同課では「寄付のきっかけは返礼かもしれないが、今後(寄付者に)つながりをいかに継続してもらえるかがポイント。そのためにどのような努力が必要か考えていきたい」と話した。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

1,669人 新たな門出

1,669人 新たな門出 社会

10日に新成人のつどい

1月7日号

1月14日から発送

65歳以上3回目接種券

1月14日から発送 社会

接種開始は2月1日

1月7日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook