秦野版 掲載号:2016年4月16日号 エリアトップへ

園児が八重桜の花摘み 体験通し地域愛育む

掲載号:2016年4月16日号

  • LINE
  • hatena
手で花を摘む園児ら
手で花を摘む園児ら

 秦野市立しぶさわこども園(府川宏子園長)の園児が4月12日、千村地区の頭高山で、八重桜の花摘み体験を行った。

 この日はおよそ90人の園児が参加。千村で農業を営む小野孝允さんが指導し、園児たちは「楽しい」「ピンクがきれいでかわいい」「いっぱいとれた」など歓声を上げながら一つひとつ手作業で花を摘んでいった。府川園長は「園児たちに地元の特産について知ってもらい、地域に愛着を持ってもらおうと毎年開催している」と話す。また小野さんも「こうした体験が子どもの頃の思い出になれば」と話す。

 千村地区の八重桜は主に梅酢と塩で漬けた「桜漬け」として加工され、桜茶や菓子などに活用されており、全国有数の生産量を誇る。

 市内で栽培されている八重桜は関山(かんざん)、一葉(いちよう)、普賢象(ふげんぞう)、松月(しょうげつ)の4種。当日園児たちが花摘み体験したのは早生品種の一葉。収穫された花はビニールシートに広げられ、小野さんによると花は20kgほどになったという。ピンクの鮮やかな色を活かすため、その日のうちに漬けられた。6月頃には製品化され市場に出回る。

 花の色が濃く人気の高い関山がおよそ8割を占める同地区の八重桜の摘み取りは、これから本格シーズンを迎える。

秦野版のトップニュース最新6

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

市内商店 祭盛り上げ

秦野たばこ祭

市内商店 祭盛り上げ 社会

インスタで写真募集も

9月3日号

代々伝わる湧水 電力に

平沢在住和田大さん

代々伝わる湧水 電力に 社会

自宅裏に手製の水力発電

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook