秦野版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

秦野市立図書館 「本の楽しさを知って」 こどもの読書週間に催し

文化

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena
お勧めの図書を包んだおたのしみ袋
お勧めの図書を包んだおたのしみ袋

 4月23日(土)から5月12日(木)は「こどもの読書週間」。秦野市立図書館(秦野市平沢94の1)では、子どもたちが読書を楽しんだり、図書館に親しむことができる企画を実施する。

 秦野市立図書館によると、子どもの利用は近年減少傾向にあるという。同館の「児童(0〜12歳)」「学生(13〜20歳)」を合わせた貸し出し人数は2003年度約2万3千人に対し、2014年度が約1万4千人。児童書の貸し出し点数も2003年度約11万点、2014年度約10万点と減少している。

 その中で同館は1年を通して、絵本の読み聞かせをするおはなし会や、子ども短歌大会、アニメ作品の映画会、7カ月児健診時に絵本をプレゼントするブックスタートなどを実施。図書館の利用を促す事業を展開している。

23日から企画様々

 こどもの読書週間でも、毎年工夫を凝らしたイベントを実施。今年は4月23日(土)、29日(金)、5月5日(木)に、児童書の「おたのしみ袋」を企画した。いくつかの対象学年ごとに、乗り物や植物、昆虫などテーマに合わせて職員が選んだお薦めの図書3冊ほどが、中が見えないよう紙で包まれている。各日20セット用意される予定。

 その他、館内を巡りクイズを解いていく図書館クイズラリー(小学生まで)や、子ども映画会「世界の名作童話」(4月30日(土)午後3時半〜先着80人)、おはなし会(4月23日(土)、5月7日(土)午後2時半〜先着30人)などが企画されている。

 職員は「読書によって日常とは違う世界の中に入ることは、子どもにとって大切な体験。色々な図書に興味を持ってもらいたい」と話す。

 問い合わせは秦野市立図書館【電話】0463・81・7012へ。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter