秦野版 掲載号:2016年4月23日号 エリアトップへ

危険踏切に秦野1カ所 拡張対応3月完了予定

社会

掲載号:2016年4月23日号

  • LINE
  • hatena
東海大学前5号踏切は車と人がすれ違うのもやっと
東海大学前5号踏切は車と人がすれ違うのもやっと

 国土交通省では、改良を必要とし、すでに改修工事に向けて協議が進められている全国17都道府県58カ所の踏切を指定。県内では川崎市と秦野市の2カ所となり、秦野市では小田急線の東海大学前5号踏切が該当していることが12日、明らかになった。

 東海大学前5号踏切は、幅約2・8m。車が通ると歩行者の安全確保が難しいうえ、通学路にもなっている。秦野市ではこの踏切の危険性について把握しており、市道路整備課では、2013年度に小田急と協議をし、改良に向けて設計を進めてきた。改修後は全幅が車道6m、片側歩道2m、全幅8mへと拡幅。15年度に工事に着手し、17年3月には改修工事が完成する予定。それに伴い、隣接する道路の歩道が、拡幅される他、新たに設置される。

 事業費は約2億円。市の予算と国の補助金(満額で事業費の55%)で賄われる。なお東海大学駅寄りに隣の3号踏切は2億3000万円をかけてすでに09から12年度に改修されており、幅員4mから両側歩道の8・7mに拡幅されている。

 前回の市議会定例会の一般質問では、古木勝久市議が「秦野-渋沢間に狭く危険な踏切が数カ所あり、特に秦野4号踏切が狭いうえ南小学校に近く危険」と指摘。これに対して市は、小学校側から歩道整備を進めており、中期的に対応していくとしている。市では歩行者安全の確保のため、歩道整備を随時進めている。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

くずはの家の自然を紹介

くずはの家の自然を紹介

えのきの会が展示会

7月30日~8月1日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter