秦野版 掲載号:2016年4月30日号 エリアトップへ

熊本地震 支援の輪 続々 市や各団体が協力

社会

掲載号:2016年4月30日号

  • LINE
  • hatena
中学生ボランティアと物資の搬入
中学生ボランティアと物資の搬入

 熊本県を中心に甚大な被害を出している「平成28年熊本地震」を受け、秦野市が支援物資を届けた。

 秦野熊本県人会が要請し、神奈川県トラック協会秦野伊勢原地区支部が協力。事前にニーズの聞き取りを行い、10トントラック1台に食料や生活必需品などの支援物資を積載、市防災課職員2人と消防職員2人が搬送した。22日に現地入りし、熊本県が設置した対策室の指示で、受け入れ可能な2市1町1村に物資を届け23日に帰着。現地入りした高田保防災課長は「まだまだ片付いていない。できることがあったら手伝っていきたい」と話した。

東海大 対策室は湘南キャンパスに

 学生アパートが崩れるなどの被害を被った東海大学熊本・阿蘇キャンパス。同大は16日に情報収集のために大学職員4人を派遣、同日夕方には普段はソーラーカーを積載している4トントラックに支援物資を積み込み出発した。現地では電源が確保できず携帯の電波状況も悪いため、湘南キャンパスに災害対策本部を設置しているという。

 東海大学付属病院には18日、政府から災害派遣医療チームDMATの出動要請があり、現地入り。21日まで医療活動にあたった。

 また現地の学生は全て保護者への引き渡しが完了。阿蘇キャンパスは避難所として開放し、約1000人が待機している。

現地へ向かった職員
現地へ向かった職員

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook